症例紹介

動物病院22時グループが「どのような治療ができるか」ご紹介します

股関節形成不全

整形外科

当医院では大型犬の股関節形成不全の整復にバタフライヒッププレートを使用しています。
これにより股関節と大腿骨のなす角度が深くなり、股関節が安定して痛みを緩和して、日常を過ごしやすく送れるように整形します。
施術に先立ち正確な角度の算出のため麻酔もしくは沈静化でのレントゲンとCT検査を行います。
詳しくは当院獣医師にお尋ねください。

股関節形成不全

犬の肘関節形成不全(CED)は大型から超大型犬種で発症率が高く、発症した場合に動物の生活の質を著しく低下させる整形外科疾患の一つとされています。

バタフライヒッププレート

骨盤3点骨切り術

骨切りをする場所は腸骨、坐骨および恥骨であり、坐骨および恥骨は骨切りのみ行い、腸骨は骨切りを行なった後にTPO専用Plateを使用し固定します。
これにより寛骨臼が外腹側に矯正され、大腿骨頭に寛骨臼が背側から覆い被さる状態になります。
この結果、軟骨組織の損傷を妨げ、股関節の変形性関節炎の進行を予防することができます。

股異形成レントゲン写真

その他の治療について